互換インクとは

プリンターを使用する際にはインクが必要となりますが、そのときの選択肢のひとつとなるのが互換インクです。
互換インクというのはプリンターのメーカーが製造している純正品ではなく、互換性はあるものの、純正品ではないもののことを言います。
純正インクとまったく同一ではありませんが、それぞれのプリンターの仕様に合わせてつくられているため、多くの場合問題なく使用することができます。

互換インクは新品ですが、ほかにもリサイクルインクと呼ばれる純正カートリッジを回収して再充填してリサイクルしたもの、使用したインクカートリッジに自分でインクを詰め替える詰め替えインクなどもあり、それぞれちがった特徴をもちます。
利用者はその特徴を理解したうえで、いいと思えるものを選ぶことが大切です。
本サイトでは互換インクの特徴や問題点について、取り上げます。

互換インクを利用する大きなメリットは、価格が安いという点です。
もちろん、メーカーごとに価格はちがいますが、価格面で言えば純正インクに比べてかなりリーズナブルに手に入れることができます。
純正品とほぼ同じレベルを誇る互換品もあるので、安心して使用することができるでしょう。
カートリッジも独自の構造をもつので、純正品と比べて容量が多いものもあります。

なぜ互換インクと比べて純正インクが高いのかというと、純正インクの場合は開発費やトラブル時の保障などが価格に上乗せされているからだと言われています。
互換インクメーカーによって品質は多少違いますが、開発費などはかからないため価格は安くなります。



〈特集〉
一年間の完全品質保証がついたリサイクルトナーの専門店です > リサイクルトナー

Copyright © 2014 意外と知られていない?互換インクの特徴 All Rights Reserved.